葬儀の費用を考える

葬儀の情報が満載!

葬儀費用は、葬儀を行う際に一番気になることであり、全国平均だと総額で200万円程度が相場だと言われています。
その内訳は本体費が120万円程度で、飲食接待費が35万円程度、そしてお布施が45万円程度になります。
ただし、選ぶプランによって本体費などが大幅に変わってくるという特徴があり、一般葬の本体費は100万円を超える場合が多いと言えますが、家族葬は50万円程度となります。
他にも、一日葬や直葬といったシンプルなスタイルは更に安く済みます。

遺族が慌てる要因の1つ「葬儀費用」について

遺族が慌てる要因の1つ「葬儀費用」について 葬儀を行う際、一番気になるのはやはり費用がどれぐらいになってしまうのかということでしょう。
全国的な平均で言うと、総額で200万円程度かかるのが相場だと言われているため、高額になってしまう場合が多いと言えます。
その内訳は、葬儀そのものに必要な本体費が120万円程度で、通夜の料理などにかかる飲食接待費が35万円程度、そして僧侶へ渡すお布施が45万円程度となります。
ただし、選ぶプランによって本体費などの葬儀費用は大幅に変わってくるという特徴があるため、安くしたい場合はプランの見直しなどを行うとよいでしょう。
本体費だけに関して言えば、規模の大きな一般葬の場合だと100万円を超える場合が多いと言えますが、小規模が特徴である家族葬であれば50万円程度が相場となります。
他にもシンプルなスタイルだと、一日葬は30万円程度で、直葬は20万円程度が本体費の相場です。

葬儀で用意しておくべき予算

葬儀で用意しておくべき予算 葬儀にかかる予算というのは、その内訳があいまいだったり、地域差があったりしていまひとつはっきりしません。
中には、最終的に掛かった予算が当初の予定を大幅に上回ったなんていう話しも良く耳にします。
そんなことにならないよう、きちんと内訳を把握しておくことや故人の葬儀に関する遺志を知っておくことは大切です。
参考のため、全国平均は200万円前後という調査結果があります。
故人や遺族の希望をどの程度叶えていくか、何人ぐらいの参列者が見込まれるかによっても開きは出てくるでしょう。
気をつけることは、すすめられるがままに支払うのではなく、どこで経費削減させるか、またはどんなことにお金を掛けたいかという自分たちの希望をしっかり反映させることです。
大まかな内訳は、葬儀一式費用、飲食接待費用と宗教者への支払いとなっています。
この一式費用には、祭壇や棺、式場などに掛かる費用が含まれており、総費用の半分がここに掛かります。
そして、ここが一番コントロールしやすいところでもあります。
というのは、祭壇や棺などは細かくランク分けされており、こちらが選ぶようになっているからです。
遺族の見栄だけで選ぶのではなく、故人の遺志などをきちんと汲み取って選択しなければなりません。

お勧めの葬儀関連サイト

宮崎県にある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

宮崎県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式