葬儀の費用を考える

葬儀の情報が満載!

葬儀費用の相場

葬儀費用の相場 日本は超高齢社会に突入しており、80歳以上生きるのが当たり前になっています。
ただ、寿命には限界があるので、終わりを迎える方が多くなると予測されます。
親や兄弟が亡くなった場合、葬儀を行わなければいけません。
その際に問題となるのは、やはり費用です。
斎場や戒名料、飲食代など全て含めると、地域によって差がありますが、トータルで200万くらいが相場となります。
葬儀は残された家族に大きな負担をかけることになります。
そこで、自分の葬儀にかかる費用は、自分で用意しておくことを推奨します。
家族が出してくれると言ってくれるかもしれませんが、家族は短期間で様々なことを決めなるなど大変なので、せめてお金の負担くらいは取り除いてあげるべきです。
歳をとってから費用を用意することはハードルが高いので、元気に働いているうちに用意しておいてください。
歳をとるといつ動けなくなってもおかしくないので、早めに動き出すことはとても大事です。

困ったら葬儀ローンを借りるのも手

困ったら葬儀ローンを借りるのも手 葬儀の際に十分なお金を用意できない場合には信販会社や銀行のローンの利用も検討すると良いでしょう。
葬儀場と提携しているものを利用するのであれば信販会社との契約になり、銀行よりも金利は高くなりますが借り入れまでの時間が短いのが特徴であり、総量規制の対象外なので年収の3分の1を超える借り入れもできます。
銀行の場合は専用のものがあるわけではなく、多目的ローンの用途の1つとして利用でき、金利が低いのが特徴です。
ただし、葬儀場とは何の関係もないため用途を証明するための見積書などを提出する必要があり、借りられるまでに時間がかかります。
どちらを利用する場合でも審査に通らなければならないため、収入が全くなかったり他社からの借り入れや契約数が多い、過去に金融関連のトラブルを起こして個人信用情報機関から記録が消えていない場合などは信用されないので審査に通りません。
また、高額の借り入れであれば収入の低いアルバイトやパートは利用が難しくなります。