葬儀の費用を考える

葬儀の情報が満載!

葬儀に関連した他の出費

葬儀に関連した他の出費 大切な人が亡くなった時というのは悲しむ暇もないほど慌しいものですが、その中で葬儀代以外にも関連した出費があります。
一番大きな負担がお坊さんへのお布施の支払いです。
当日に直接支払うのですが数十万単位でかかるために、あらかじめ準備しておかなくてはいけませんので、相場を教えてもらったら早い段階で用意しておきます。
それ以外に泊りがけで葬儀に参加してくれた親族の宿泊費や食事代、喪服を葬儀場で借りた場合に支払います。
通夜に参列した身内には食事をふるまいますので、訃報の連絡をした人数分より少し多目の食事を用意しておきます。
また供花を出す時に身内から依頼されて喪主がまとめて注文することがありますが、これは個別で集金あるいは請求しないことには喪主が全て支払うことになってしまいます。
本来は参列する個人で払うようなものも、葬儀場で依頼すると一まとめにして喪主に請求が来ることがありますので多目に用意しておくと安心です。

葬儀でのマイナスは香典で補填できる?

葬儀でのマイナスは香典で補填できる? 葬儀の際にかかる費用のマイナス分は、半分以上は香典で補填できるのが一般的でこれを総裁と表現することもあります。
葬儀には祭壇や返礼品の他に僧侶へのお礼や戒名などの費用が掛かります。
宗教によって僧侶や戒名の費用は掛からないこともありますので、シンプルな形式の家族葬を執り行った場合、香典で大部分を支払えることも少なくありません。
特に身内や親族は香典の金額が高めになりますし、家族葬にした場合には低コストで式を挙げることも可能ですので、マイナス分のほとんどを補てんできる計算になります。
一般的に、位の高い戒名をもらう場合には50万円以上かかりますので、長い戒名をもらいたい場合には相殺できない金額が増えると考えると良いでしょう。
又、マイナス分が多く出てしまうケースは規模の大きな式場をつかったり、返礼品を高額のものにした場合などが考えられます。
仏教の場合戒名にもよりますが半額程度は相殺できるケースが目立ちます。