葬儀の費用を考える

ローンを組んで支払う

ローンを組んで支払う

ローンを組んで支払う 葬儀の費用はその規模にもよりますが200万円前後という多額のものになってしまうことも多く、しかも突然の出費なだけに一括での支払いとなるとかなり大変です。
通常は通夜や告別式を執り行う前に料金を請求させることは少なく、すべてが終わり一息ついてからの支払いになりますので、香典が十分に集まれば喪主や家族の自己負担を少なくすることも可能です。
しかし最近では少人数の家族葬なども増えており、かならずしも香典で費用をまかなえるとは限りません。
そこでローンを組んで支払いに充当することもひとつの方法です。
大手の葬儀社であれば信販会社などと提携していることが多く、担当のスタッフに相談するのが近道です。
それ以外の場合であれば、たとえば使いみちが自由で担保なども不要の銀行その他の金融機関のカードローンのようなものを申し込んでもかまいませんし、最近では銀行でも冠婚葬祭に特化した返済期間が長く金利の低い商品なども登場しています。

葬儀をする場合は火葬場などの予約を忘れないこと

葬儀をする場合は火葬場などの予約を忘れないこと 家族が亡くなるなどして葬儀を急遽執り行う場合には、まずは取りまとめ役にあたる喪主を誰にするのかや、日時をいつにするのかを決めておかなければなりません。
この葬儀の日時に関しては、遺体の状態も関わることからできるだけ早くしなければなりませんが、少なくとも友引を避けるなどの日取りの面でのしきたりには配慮する必要があります。
それとともに火葬場の直近の空き状況をチェックして、予約がとれる日時を優先することが不可欠です。
地域によっては火葬場は先着順ということもありますが、あまり一般的ではありません。
そして火葬場の予約がとれることがわかれば、通夜や告別式の日程もそれにあわせて組みことになります。
通夜や告別式の会場は小規模であれば自宅が考えられますが、参列者の人数が多く見込まれれば必然的に民間または公共の斎場を借り上げる以外の選択肢はありませんので、こちらも空き状況やキャパシティを踏まえて適切な場所を決めます。