葬儀の費用を考える

葬儀で割引はあるのか

葬儀で割引はあるのか

葬儀で割引はあるのか 葬儀の割引には事前に掛け捨ての保険のような形で500円程度支払って予約しておく制度があります。申し込み方法も簡単で電話で申し込みの他にコンビニなどで申し込みも出来ます。割引は申し込んだ時期で実際にかかる金額が変わる場合があり、1年より2年前の方が葬儀の際の金額が安くなる場合があります。スタイルは家族葬のように少人数でも大勢の人とお別れする場合でも割り引いてくれるのが一般的ですので安心出来ます。
また飛び込みでお願いするよりも会員になっていた方が安くなる場合が多いです。これは会員優待割引制度で金額的には数万円から十万円以上安くなる場合もあります。会員になるための費用は一万円程度ですから、それを差し引いても大きな特になる事が多いです。ただどのくらいの金額が適正かわかりにくいので、利用できそうな所は比較して選んだ方が断然お得になります。適正価格を知ってその上でさらにお得になっているのか確認する事が大事です。

キャンペーン期間の葬儀は安くなることも!

キャンペーン期間の葬儀は安くなることも! 人の寿命には限界があるので、いつかは終わりを迎えることになります。亡くなった場合は葬儀を行わなければいけないのですが、遺族の負担がかなりあります。短期間で様々なことを決めなければいけませんし、費用も少なくとも100万円ほどかかります。そこで、自分の葬儀をあらかじめ終活で決めておくことをおすすめします。終活はテレビ番組や雑誌で取り上げられているので、存在は多くの方が認識しているはずです。
自分のエンディングをいいものにするためなので、終活を行うことは賢明な選択だと言えます。葬儀会社でキャンペーンを実施しているので、そこを狙えば費用を安く抑えることができます。戒名料は抑えることができませんが、それ以外の斎場や食事などはキャンペーンで低く抑えることができるので活用してみてください。また、できれば費用も自分で用意しておくのが望ましいです。遺族の負担を少しでも取り除いてあげるべきなので、遺族に払ってもらおうと最初から考えるべきではないです。